RSS

月別アーカイブ: 1月 2012

パネル着脱式の屋外用看板

シンガポール、インドネシアに続いて昨年バンコクにオープンした『まる玉ラーメン』さんより屋外用の看板をご発注いただきました。

コンセプトは以下の2つ。

1)内容が容易に変更できる看板

2)電灯を付けて夜でも通行人の目にアピールできる看板

1枚の大きな看板だと、1部の情報を変えるのに全てを新規で作る必要があるので、A3サイズのパネル6枚を作り着脱式にしました。これなら例えばキャンペーン情報を1枚だけ作成してその期間中だけ付ける、なんてことが可能になります。

パネルを2列に3枚並べて電灯を加えたらデザイン上で2メートルを超えました。屋外看板は風雨などの環境対策がとても重要なので、底板は20キロ以上ほどある鉄板にして鉄柱も太めのものをオーダー。すると総重量は50キロプラスに(重ぃ!)。閉店時に店内に運べないとマズイので、底板から上の部分は取り外しができるようにしました。

image

電灯とステンレス製の雨避け反射鏡は知り合いの業者に頼み、組み立てたところ。その前につや消し黒で塗装して10メートルコードを中央の柱に配線しています。

IMAG0683

シーロム通りの店前に配置完了。数メートル離れて観察したら、通りすがりの人の多くが見て立ち止まる人もチラホラ。マネージャさんにも気に入っていただけました。どうもありがとうございます。

広告
 
コメントする

投稿者: : 1月 30, 2012 投稿先 グルメ, タイ ビジネス

 

タイのフットマッサージ

毎月2〜3回、フットマッサージ(足つぼマッサージ)に行きます。

日本に比べると安くて(相場で200〜250バーツ/時間)、バンコク都内ならそこらじゅうにあるので気軽に行けるところが魅力です。

行くたびに違ったマッサージを体験できるのも(私にとっては)楽しいところ。揉む順番などある程度のスタンダードはあるものの、タイではお店によって、または同じお店でもやる人によってマッサージの仕方やスキルが全く異なるのです。

痛いと言ってるのに『それが効くんじゃ』と力を弱めないおばちゃん、揉むスピードが極端に速い兄ちゃん(個人的には心臓の鼓動に近いスピードがベスト)、マッサージ用の棒(木製ピンとも呼ばれます)に頼りすぎる姉ちゃん(上手な人のほとんどは棒を使わず手や肘などを巧みに使って揉みます)などは好みではありませんね。

一方、マッサージ開始から数分で客を寝かせてしまうスーパーおばちゃんもいます。正に魔法の手です。揉む強さには強弱があり、スピードもリズミカル。まるで緩やかな川に浮かんでいるような気分になります。この確変大当たりマッサージ師に遭遇するために私は行きつけの店をつくらず、仮に上手なマッサージの人に出会っても名前を聞かないようにしています(店によってはお気に入りのマッサージ師を指名できます)。しかし、上に挙げた好みでない人に当たってしまうことも多々ありますw。

フットマッサージが健康に良いといわれる理由について少し。足の裏には体の臓器に関係するつぼが集まっていて『人体の縮図』とも言われています。これらの”つぼ”を刺激することで体全体の血行促進を促し、心身共にリラックス+ストレス解消できるわけです。

足つぼ

この”つぼ”ですが、上手な人に揉まれると体の各所が刺激されるのがはっきり体感できます。目や鼻のあたりがむずかゆく感じられたり、胃が活発に動き出したり、、で私の場合すぐに寝てしまうのです。

タイに来られてまだフットマッサージを体験したことがない方、是非試してみることをお勧めしますよ。

 
コメントする

投稿者: : 1月 28, 2012 投稿先 タイ 一般

 

新生魚昌2号店 スクムビット39にオープン

新鮮な寿司/刺身が評判の『新生魚昌 UOMASA REBIRTH』が、スクムビット・ソイ39に2号店をオープンしました。場所はスクムビット33と39を結ぶSoi Promjitにあるサービスアパート『39 Boulevard』の1階です。
IMG_0305
IMG_0315
IMG_0319

雰囲気が抜群の個室もあります。
IMG_0311

メニューの1部です。弊社にて制作させていただきました。
P08-09 Sushi New
P18-19 Kushimori New
P14-15 Yakimono New

新生魚昌

[39号店]G Fl, 39 Boulbird Bldg, Sukhumvit Soi 39, Tel: 02-160-0112

[トンロー日本村店]Nihonmura, 87, Soi Thong Lo 13, Sukhumvit 55, Tel: 02-392-6575

 
コメントする

投稿者: : 1月 22, 2012 投稿先 グルメ, タイ 日本料理

 

在タイ米国大使館発出のテロに関する緊急メッセージについて【追記情報あり】

13日夜、在タイ日本国大使館よりタイ在留邦人へ以下のメールが発信されました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

在タイ米国大使館発出のテロに関する緊急メッセージについて
(2012年1月13日現在)

1 13日,在タイ米国大使館は,米国民に対し,同大使館のホームページにおいて「外国のテロリストが,近い将来,観光地を対象に攻撃をおこなうおそれがある。米国市民は,バンコクで多数の西側の観光客が集まる公共の場所を訪れる際には十分注意することが求められる。」との緊急メッセージを発出しました。

【駐タイ米国大使館ホームページ関連部分】
http://bangkok.usembassy.gov/011312emergencymessage.html

2 このような情報もありますので,在留邦人及び旅行者の皆様におかれては最新の情報を入手するように努めていただくとともに,大勢の人が集まる場所等においては周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど十分注意を払ってください。

3 なお,首都バンコクに対しては,「十分注意してください。」との「危険情報」を発出していますので,その内容にもご留意ください。

【外務省海外安全ホームページ関連部分】
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?infocode=2011T212

在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

『バンコクで多数の西側の観光客が集まる公共の場所を訪れる際には十分注意することが求められる』とありますが、日本人にとっては具体的にどこに西側の観光客が集まるのかわかりにくいですね。ですからこのメッセージにあるように、大勢の人が集まる場所等においては周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど十分注意を払うことが大切ですね。

【追記]

本日14日に続報がありました。以下に掲載しておきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

バンコクにおけるテロ脅威に関する注意喚起について
(2012年1月14日現在)

1 14日,タイ警察は,テロの危険性が高い場所として,イスラエル大使館(スクンビット19,オーシャンタワー2の25階に所在),カオサン通り,スクンビット22を挙げて警戒を強化している旨発表しました。

2 バンコクにおけるテロ脅威に関する注意喚起については,昨日,在タイ米国大使館も「多数の西側の観光客が集まる公共の場所を訪れる際には十分注意することが求められる。」旨の緊急メッセージを発出しております。

3 つきましては,在留邦人及び旅行者の皆様におかれては,引き続き,最新の情報を入手するように努めていただくとともに,大勢の人が集まる場所等においては周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど十分注意を払ってください。

在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511

【追記】

さらなる追記です。本日15日、バンコクの国際空港にてテロ容疑者が身柄を拘束されるニュースがありました。以下は日本語総合情報サイト『Newsclip』からの記事です。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ治安当局は12日、タイ国内でテロを企てた疑いで、イスラム教シーア派組織ヒズボラのメンバーとみられるレバノン系スウェーデン人の男(47)の身柄をバンコク郊外のスワンナプーム空港で拘束した。イスラエルからの情報提供によるもので、タイ国内にいるとみられるもう1人の容疑者の男については似顔絵を公開して行方を追っている。

容疑者2人はバンコク都内の西洋人旅行者が多い安宿街カオサン通り、娯楽街のスクムビット・ソイ22通り、イスラエルやカナダ、オーストラリアといった西側の大使館などを標的にカーボムなどによるテロを企てていたもよう。ヒズボラはレバノンに拠点を置き、イスラエルと対立する急進派で、イラン、シリアから支援を受けているとされる。イランは核開発をめぐり、米国、イスラエルとの間で緊張が高まっている。

 
コメントする

投稿者: : 1月 14, 2012 投稿先 タイ 一般

 

タイの若手作家ウォラポン・マヌピパッポン氏 タイで初の個展

ヨーロッパでも活動しているタイの若手作家ウォラポン・マヌピパッポン氏がタイで初めての個展を開きます。
木を用いた建築的作品で、三次元の立体構成を幾何学的な二次元の集合体にコード変換することで、構造と空間の概念を探ります。

Descriptive Geometry by Woranpon Manupipatpong
worapon A5

(日程)
1月13日(金)~2月26日(日)
水~日/10:00-20:00
月、火/10:00-18:00
*オープニングパーティー 2012年1月13日(金)18:30より

(会場)
バンコクアートハウス@スタジオミュウタイランド
*スタジオミュウ絵画造形教室内
Home place B1 Sukhumvit 55 (Thonglor13) Bangkok 10110

(問い合わせ先)
スタジオミュウ絵画造形教室
(トンロー・ソイ13 ホームプレイス地下1階)
02-7127878
info@studiomiu.co.th
http://www.studiomiu.co.th/

Artist Blog:
http://wmanupipatpong.blogspot.com/
Worapong Manupipatpong

* STUDIO MIUについて
1986年に神奈川県茅ケ崎市に最初の絵画教室をオープン。その後1996年にシンガポール教室をオープンし、2011年10月にトンローにバンコク教室がソフトオープン、2012年1月13日にグランドオープンを迎えます。子供から大人まで自由な発想で本格的な美術制作ができる場所の提供と情操教育、そして、タイ、日本はもちろん、アジアの若手アーティストのオルタナティヴな発表の場として、皆様がアートに親しんでいただけることが、スタジオのコンセプトです。
シンガポール同様、アートに関心のある人々が気軽に集うことが出来るような、スタジオにしていく所存です。ギャラリーでは、BKK ARTHOUSEにご協力いただき、若手タイ作家を個展形式で随時紹介させていただきます。

(主な業務内容)
未就学児、幼稚園、小学生向け絵画造形講座の運営
大人向け絵画造形講座の運営
マンガ制作講座の運営
美術大学受験対策クラスの運営
美術展覧会の企画運営
若手アーティストの招聘、育成活動
アート分野のコンサルティング

アートのご興味のある方、新しい趣味をお探しの方は是非足を運んでみてください。

 
コメントする

投稿者: : 1月 11, 2012 投稿先 タイ 一般

 

アンパワー水上マーケット

先週から日本からのお客をアテンドしてます。
昨日はアンパワー水上マーケット(Amphawa Water Market)に行ってきました。タイにはダムヌンサドゥアック水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)など有名な水上マーケットがいくつかありますが、最新版の地球の歩き方がアンパワーが大きく取り上げたことで知名度が上がっているようです。

私にとっては2年振り。35号線を右折する橋の地点がうろ覚えでしたが、看板がドンと出ていて難なく1時間半ぐらいで着きました。
8

2

3

4

5

それにしても観光名所を久しぶりに訪れるのは良いものです。気候、料理、現地の人々の生活模様など、その国の素晴らしさを体中で感じることができます。

 
コメントする

投稿者: : 1月 9, 2012 投稿先 タイ 一般

 

新年特別!俵屋の『みんなで作るたこ焼き』が88バーツ

新年早々美味しいキャンペーンのお知らせです。

スクムビット26にある鍋・焼き鍋専門店『俵屋』の人気料理『みんなで作るたこ焼き』が期間限定で88バーツでお楽しみいただけます。

1 Takoyaki 150B

ここのたこ焼きは文字通りお客が自分で作ることができます。たこ焼きを知らない日本人はいませんが、上手にたこ焼きが作れる日本人って少ないのではないでしょうか?私も以前は全くダメでした。タイ人を連れて『任せておけ』なんて言ったものの、ひっくり返すタイミングがわからず、半焼き状態で突っついたものだから形がグチャグチャになってしまいました。さらにそれを見ていたタイ人がチャレンジしたらうまくできてしまい面目丸つぶれ。形はいびつでも味は美味しいから大丈夫、と苦し紛れに自分のたこ焼きを食べた思い出があります。

こんな楽しい?経験ができるのも俵屋の魅力の一つです。

フリーペーパー『Weekly Magazine 週刊ワイズ』の俵屋広告に掲載されている広告クーポンを持っていくか、俵屋のフェイスブックの『いいね!』をクリックすると特別割引になります。なおキャンペーン期間は1月16日までですのでお早めに!

393473_216267821792327_205942186158224_508256_162585491_n

*Weekly Wise 週刊ワイズ http://www.wisebk.com/

 
コメントする

投稿者: : 1月 5, 2012 投稿先 グルメ, タイ 日本料理