RSS

月別アーカイブ: 4月 2016

GWにタイ渡航を予定されている皆様へ

在タイ日本国大使館から4月27日に配信されたメールです。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【大使館からのお知らせ】
GWにタイ渡航を予定されている皆様へ
(2016年4月27日現在)

例年,ゴールデンウィーク等連休を利用して, 多数の邦人の皆様が観光などでタイに渡航されます。
今回,タイに渡航される皆様に,「旅券の管理」,「タイ出入国時の注意事項」等の事例を御紹介します。皆様自身が安全対策を考える際,参考にして頂ければと思います。
http://www.th.emb-japan.go.jp/
http://www.anzen.mofa.go.jp/

1 旅券の管理 ~パスポートは,外国で身分証明するための唯一の公文書です。責任を持って,適切に管理して下さい。~
旅券の紛失又は盗難の場合には,紛失・盗難場所を管轄する警察に行き,通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。当館において「ポリスレポート」と申請に基づき,「旅券」,「帰国のための渡航書」を発給することとなります。「旅券」又は「帰国のための渡航書」を受領後は,タイ入国管理局において,所要の手続き(入国印転記,入国年月日の確認等)が必要です。
帰国便が差し迫っている場合には,タイ入国管理局及びタイ警察における手続の関係で予定どおり帰国することができなくなることがあります。フライト便の変更やホテル延泊などで,予期せぬ経済的負担を強いられることにもなりますので,旅券の保管管理には十分気をつけて下さい。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm

2 たばこ・酒等の持ち込み
~「知らなかった」は通用しない厳格な取締まり,一時的な預かりでもダメ!~
タイ物品税局では,たばこ及び酒類の不法持ち込みで当局により摘発された者に対し,高額な罰金を科しています。たばこについては,紙巻きたばこであれば200本(1カートン),葉巻等であれば250gまで,また酒類については1リットルまで免税での持ち込みが認められます。これら免税たばこや酒類等について,規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合,税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか,物品も全て没収されます。
こうした検査・摘発はタイ当局の主権・判断に係わる事項ですので,在外公館が摘発された人に代わって交渉したり,判断に異議を唱えたりすることはできません。摘発を不服として罰金支払を拒否した場合や罰金が支払えない場合には裁判となりますが,その間,身柄を拘束されることもあります。
タイへ渡航される皆様には,当地の法律を守り,快適なタイの滞在を過ごされるようお願いします。
なお,タイ国政府観光庁によれば,たばこについて「他人の分を1人で持っているだけでも没収及び罰金となります。」とのことです。以下URLを参考にして下さい。
http://www.thailandtravel.or.jp/about/basic.html
【事例】空港において,入国手続きの際,団体旅行グループの1人が,全員分のたばこ及び酒類を一時的に預かり,タイ国内に持ち込んだところ,当局が,同人物を職務質問,十数カートンのたばこと数十本の酒類を発見し,「違法」であると判断して,摘発。

3 タイの文化,風習への理解
タイ滞在が楽しいものとなるように,タイにおける風俗・慣習を理解し,敬意を払うと共に人々に不快感を与えないよう,日本にいる時と同様,節度ある行動を常に心掛けて下さい。タイ国民の多くは敬虔な仏教徒であり,寺院及び王室等の関連施設及びその周辺における行動及び服装等については,「みだりに肌を露出する服装等を避ける。」,「粗野な行動を慎む。」等配慮が必要となります。

4 観光客が被害に遭いやすい犯罪,トラブル
タイでは,「ひったくり,スリ,置き引き」などの一般的な犯罪の他にも,次のような観光客を狙った犯罪,トラブルが発生していますので,タイ滞在中は御注意下さい。

(1) 睡眠薬強盗 ~見知らぬ人からの「声掛け」に注意して下さい~
旅行中に見知らぬ人から声を掛けられ,飲食を共にした際,料理,酒類,ソフトドリンク等の飲食物に,薬物等を混入され,意識不明に陥ったところ,現金,クレジットカード,パソコン等の所持品を奪われたというケースが発生しています。見知らぬ人(特に女性)から声を掛けられ,飲食物を勧められた場合には,「これは,おかしい。睡眠薬強盗では?」という警戒心を持って下さい。

(2) 宝石,オーダースーツ店の購入トラブル~契約する前によく考えて~
王宮及び有名寺院周辺,カオサン通りで,タイ人男性に「今日はお寺が休みだから,別の観光スポットに連れて行く。」と声を掛けられトゥクトゥク(三輪タクシー)に乗せられる。観光案内の後に,「この近くに良いお店があるから,一緒に行きましょう。」と言葉巧みに誘われ,「宝石店」又は「オーダースーツ店」に連れて行かれ,相当額の宝石の購入又はスーツのオーダーを勧められ,断ることができずに購入してしまう。後になって購入したことを後悔して,返金を求める際に店側とトラブルになる場合があります。
購入を決定する際は,よく考えてからオーダーして下さい。

(3) 薬物犯罪 ~薬物犯罪者にならないために~
タイ国家警察は,タイ国内全域,特に観光スポット,繁華街や有名ビーチリゾート等における「違法薬物(覚醒剤,麻薬,大麻等)犯罪」の取締り・摘発を強化しています。
親しげに近付いて来る人物から,「怪しい錠剤」,「乾燥した植物の葉」等を絶対に購入しないで下さい(無料でも受け取らない)。
これらは違法薬物の一種である「MDMA(合成麻薬)」,「ヤーバー(覚せい罪)」,「大麻」等の可能性があります。
タイでは違法薬物を所持していた場合,販売目的所持とみなされると起訴され,殺人罪よりも厳しい罰則(死刑,終身刑,50年の懲役刑等)が科されます。

(4)レンタル業者とのトラブル ~高額料金を請求されることも~
リゾート地(サムイ,パタヤ,プーケット島及びパガン島など)でバイク又はジェットスキーをレンタルして,いざ返却する際に「車(船)体に傷を付け,破損させた。」として高額な修理費を請求され,レンタル業者とトラブルになるケースが発生しています。また,レンタル業者は,損害保険に加入しておらず,事故を起こした際には高額な修理費の支払いを請求します。ジェットスキー,バイクをレンタルする際には,必ずレンタル業者立ち会いの上,船体,車体の損傷の有無を確認し,カメラ等がある場合には必ず写真撮影を行い,トラブル発生時の処理方法が記載された契約書面の交付を受けるなど,返却時のトラブル防止に努めてください。
また,自動車やバイクの運転に関しては,有効な運転免許証が必要であり,無免許運転や飲酒運転等交通違反が原因で,事故を発生させた場合,法律により厳しく処罰(逮捕勾留)されます。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8502,696-3002
FAX :(66-2)207-8511

広告
 
コメントする

投稿者: : 4月 27, 2016 投稿先 タイ 一般

 

庵寺 ラマ9世に新店舗オープン!

リーズナブルでクオリティ高い居酒屋メニューが200種類以上あることで人気の日本食レストラン「庵寺(あじ)」が、ラマ9世通りに新店舗をオープンしました!
12987153_999223440157196_8011158676165023214_n

場所は地下鉄ラマ9世駅から徒歩5分にあるUnilever Houseというオフィスビル1階。生活用品などのCMでタイのメディア出稿額では毎年1位になっているあのユニリーバのオフィスビルです。店内はとても天井が高く、和が強調された内装でゆったりしながら美味しい食事を楽しむことができます。
12961643_999223113490562_1357155512145502609_n (1)

12986962_999223093490564_381729430563064530_n

12987036_999223206823886_6094329965223136549_n

12994349_999223230157217_366734025564734401_n

13007144_999223193490554_8127425943692443844_n

12932659_999223106823896_5084003816231782987_n

12936775_999223330157207_6692373924727652441_n

12963781_999223383490535_524084913584100893_n

12938291_999223296823877_1378417776434808980_n

個室も充実していますので宴会で利用するのもお薦めです。

メニューは以下をクリック!
http://www.aroijapan.com/restaurant/aji/menu/t
【庵寺 ラマ9世店】
Unilever House Room G25-27 Floor 1
161 Rama 9 Road,Huai Khwang,Bangkok
電話予約:061-723-3311
営業時間 / Open 11:30~22:30(Last Order:22:00)
定休日 / Holiday 土・日 Saturday・Sunday
(6月まで土日休み。7月から無休)

 
コメントする

投稿者: : 4月 8, 2016 投稿先 グルメ, タイ 日本料理