RSS

月別アーカイブ: 11月 2016

歌行燈:秋の期間限定メニュー

創業明治10年の歴史を誇る、うどん・そば日本料理の老舗『歌行燈』のバンコク店がお薦めする秋の限定メニューです。新鮮な牡蠣をサクッと揚げた牡蠣フライに、茄子揚げ浸し、しっぽくうどん(小)、茶碗蒸し、サラダ、ご飯、漬物がセットになっています。11月末までの期間限定料理です。

30744350131_a320b19f0d_c

このバンコク店限定メニューで、秋を感じてみては如何でしょうか。店舗はバンコク伊勢丹6階と、エンポリアム2階(東京堂書店の2軒隣)です。
バンコク伊勢丹店6階
Tel. 02 255 9800
IMG_3012
エンポリアム店3階
Tel. 02 664 8528
IMG_8285

広告
 
コメントする

投稿者: : 11月 11, 2016 投稿先 タイ 一般

 

寅次郎 秋のこだわり味覚祭

酒飯・晩酌処『寅次郎』が今月実施中の、日本の秋を感じさせる期間限定メニューです。網走オホーツクの大自然の中で育った北海道産の長芋を使った長いも梅たたきと長いも短冊、青森県八戸で水揚げされた前沖さばの串焼、北海道の居酒屋では定番メニューのラーメンサラダ、軟骨入りの特製鶏つくねを鰹だしの和風あんかけにしてキノコと合わせたあんかけ鶏つくねなどなど、秋の新鮮な味覚を寅次郎で是非お楽しみください(11月30日まで)。

a4_torajiro_sep2016aa4_torajiro_sep2016b

寅次郎スクムビットソイ26店(日本街)
Nihommachi Japanese Mall 1F Sukhumvit Soi 26, Klongtoey, Bangkok 10110 Thailand
TEL: 02-259-6075~6
営業時間: 17:00-24:00(閉店1:00AM)
※日曜・祭日は閉店時間が23時になります。

寅次郎スクムビットソイ39店
住所:Sukhumvit Soi 49/6 (Soi Prompack), Klongton-Nua, Wattana, Bangkok
TEL: 02-261-5351
営業時間: 17:00-24:00(閉店1:00AM)
※日曜・祭日は閉店時間が23時になります。

寅次郎ホームページ www.aroijapan.com/torajiro

 
コメントする

投稿者: : 11月 7, 2016 投稿先 タイ 一般

 

ランダムスター1号機 完全復刻かと思ったら。。

高崎ファンなら既にご存知の方も多いかと思いますが、ESPより高崎晃シグネチャー・モデル「RANDOM STAR “THE RED LEGACY”」が期間限定の受注生産にて発売されました!

esp_the-red-legacy

esp_the-red-legacy_sub-thumb-800xauto-13050

これはLOUDNESS初期の1981年頃に使用していたモデルを復刻したもの。ヘッドからネック・グリップまでが赤く塗装され、指板はローズウッド、ヘッドにはENavigatorのシール・ロゴが貼られているランダムスター1号機です。ESPは過去にも「RS-280R」という復刻モデルを期間限定で販売しましたが、このときはブリッジにフロイドローズを搭載しており、当時の本人使用機とは若干異なる仕様となっていました。今回は本人使用実機とまったく同じ仕様で、さらにボディの傷や打痕、日本一ステッカー(これが地味に好きw)、ミラーガードの汚れ具合など、現在のルックスが忠実に再現され、さらに名機フリッカーも本人同様にフロイドローズNon-Fine Tunerのサドルを加工したものを本機のために完全再現してあるようです。そしてハードケースはLOUDNESSの35周年記念ステッカー付き。。。完璧すぎる強力なモデルです。

cvl92bzukaa5hjp

しかし、詳細を読んでいるとピックアップは限定生産のセイモアダンカン「THUNDER IN THE EAST」搭載とありました。他の部分は完璧に再現したのに、なんで肝心のピックアップが新商品?これでは”完全”復刻モデルとは呼べませんなー。

a5d5533fa0c47d30c61050f72493e900ff7617

最強モデルのお値段はこれまた最強の69万円(楽器店では約63万円で販売中)。ゴホっ!現在ESPから販売されている高崎モデルESP Random StarにはLH-200が搭載されていて定価45万円。今回の限定版と異なる点は、ピックアップの他にブリッジがフロイドローズ、チューナー(ペグ)がゴトー製(復刻版はシャーラー製)、それから塗装、ステッカー、使用傷等が再現されていないことぐらい。また、エドワーズのEDWARDSランダムスターでもLH-200とフロイドローズがのって定価14万5千円。もちろん、この限定版は”半端ないこだわり”があることは理解できますが、その”こだわり”に20万以上も出すかといえば、うーむ、微妙ですね。

それよりも、興味深いのは、これです↓↓↓

ctszvxuumae4v1l

これは高崎氏が10月1日のツイッターで『こんなのがあったら面白い。』とつぶやいて投稿したもの。80年代以降にファンになった人も含め、こちらのモデルの方が人気がでると思います。前述の完全復刻版が販売される寸前にこんなツイートをするところがごっつい強力(笑)。

初代ランダムスターも高価なものでしたが、今のランダムスターにはびっくりするほど高いモデルがありますね。最高級のタラクモデルとトライバルモデルは118万円もします。ESPが初めて赤ランダムスターを販売した時は20万円でした。学生の自分には到底手が出ませんでしたが、30を過ぎてやっと買ったのがライムゴールドのESP RS‐330。ボディエンド部の面積を増加して低音域不足を解消したモデルで、高崎氏直筆サイン入り。30万円プラスでした。また買うとすれば、赤サンバーストのランダムスター(エドワーズブランドでまた販売してくれないかな)、Killer KG-PRIME、あるいはESP特注のランダムスターが欲しいですが、このランダムキラー(?)がもし販売されたら候補に加えますね。

 
コメントする

投稿者: : 11月 1, 2016 投稿先 音楽 メタル