RSS

カテゴリー別アーカイブ: ITガジェット

iPhone7 アップルの終わりの始まり?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-21-34iPhone7が発表されました。正直、なーんだと落胆された方は多かったのではないでしょうか?現地の発表会イベントを動画で観ましたが、上のイメージがら始まるiPhone7の紹介動画は、これまでアップルが作ったものの中で最悪、衝撃的にNGなのものでした。その内容は、このイメージ画像が全て物語っています。

個人的な意見ですが、この画像は『俺を見ないでくれ~』と叫びながら、周りを暗くして、自分も真っ黒にして、後ろを向いて怯えている新iPhoneなのです(笑)。そうにしか見えない。全世界に向けて、サムスンに対抗する新商品として舞台にひっぱり出されたが、何も自慢するところがないので、前モデルと全く同じデザインである表面を隠しながら(実際、紹介動画2分22秒の中で、表面がはっきり見える箇所は1秒もない!)、スティーブ・ジョブズが激怒しそうなボディーから飛び出たカメラレンズに焦点を当てたこの画像が、アップルサイトのホームページに掲載されてしまった。これを見て私は思いました。Appleの終わりが始まったか、と。

数年前、私はこのブログでSonyとAppleを比べて、ソニー製品は買った時が楽しみの頂点なのに対し、アップル製品は買った後に体験したことのない楽しみが待っていると書きました。MP3プレーヤー、ノート、タブレット、デスクトップと、どのアップル製品も使い始めてから新しい発見があり、大げさに言うと自分のライフスタイルさえも変わってしまいました。唯一、携帯だけはiOSよりアンドロイドが使いやすいと感じているのでiPhoneに手をだすことはありませんでしたが、それでも周辺機器にApple機種が増えていくと、いつかはiPhoneに買い換える時がくるのかと考えることもありました。しかし、残念ながら、iPhone7はその候補にはなりそうもないです。買う前から楽しみがない、昔のSony以下のように感じます。

海外のメディアも、iPhone7をGaraxy S7およびNote7と比べて、辛口のコメントを記載しているものが多いですね。Samsungが過去にない最新技術を毎回新製品に満載してくるのに対し、Appleは各機能の改良に留まったと。そこに新しいライフスタイルが見えてこないと。

ただ私も含め多くの人は、SamsungとAppleの携帯端末を比べた場合、質の良さはAppleに軍配が上がると言うでしょう。ハードとソフトを1社で開発・管理しているので、システムもAppleの方が安定しています。それでも私がSamsungのNote1からずっとNoteを使い続けているのは、Samsungの進化しようとする意欲的な姿勢かなと思います。2011年に5.3インチのNoteを持っていた私は、周りからとても驚かれました。『それ携帯か?そんな大きくて、どうやって持つの』『韓国製?壊れないの?』『ペンが入ってる?PDA?』 当時はノキアが主流で、日本人の間では2-3インチのエクスペリアやブラックベリーが流行っていたので、驚かれるのは当然のことだったかもしれません(笑)。ただ私はそのペン付きのデカイ端末を手に持った時、予想できない楽しみが無限にあるような気がして購入を決意し、実際に手放せないものになりました。

Samsungは現在、スマホ市場でシェアNO1の座にいますが、意欲的な姿勢は変わっていません。それは新製品の発表会にも顕著に現れています。スティーブ・ジョブズの華麗な発表会イベントに苦戦していたSamsungは、いろいろな手法で挑戦を続けてきました。国際色豊かなプレゼンターを起用し、巨大スクリーンを設置し、それをフル活用したプレゼンテーション動画を作成し、いまいちだった年もあったけれど、特に昨年と今年の発表会イベントは、ITガジェットに興味がない人でも楽しめるようなエンターテイメントだったと思います。それに対して近年のアップルの発表会は新鮮味の少ないマンネリな内容になり、今回はスクリーンが以前より小さくなっていたように思う。これは、Samsungの巨大スクリーン(ただ巨大なのではなく、スクリーンの形が毎年変化して凝っている)に対抗するのはもう辞めましたと降参しているようにも感じました。

品質もシステムも世界一と誰もが認める企業なのですから、スティーブ・ジョブズがいないから、の一言で片付けてしまうのは、実にもったいないことです。Apple好きの私としては、以前のようにユーザー目線を全く無視した、世界をひっくり返すような斬新なアイデアが満載した商品開発に挑戦してくれることを願いたいですね。

広告
 
コメントする

投稿者: : 9月 8, 2016 投稿先 タイ 一般, ITガジェット

 

車載システムCarPlayとiPadにGPSが内蔵されていない関係について

アップルが車載システムCarPlayを発表しました。

hero

『次世代の車載システム』、『グーグル(アンドロイド)と自動車メーカーの争奪戦激化』、『カーナビメーカー苦戦』など、様々なニュースが報道されましたが、私が思ったのは『アップルはなぜiPadにGPSを内蔵しないのか』でした。実際にタブレットを車載している人、またこれからタブレットを取り付けようと考えている人なら同じように思ったのではないでしょうか?

近年、タブレットを車で利用する人は世界中で急増しています。カーナビより低価格で美しく大きなタッチディスプレイ、音楽や動画の再生はもちろん、ワンセグでテレビも観ることができ、渋滞情報などカーナビと似た機能をもち地図データが自動更新される無料アプリもあります。SDカードに大量なデータを保存して入れ替えもカンタン、さらに薄くて軽くて取り外しが簡単なので、駐車後に持ち歩いてそのまま使用できるという利点だらけ。私は昨年からタブレットを搭載していますが、使えば使うほど車に適している端末と感じます。

車載タブレットで誰もが悩むのがiOSとアンドロイドの選択。数年前はブランドイメージが高くデザインも優れるアップルのiPadやiPad Miniを車載する人がほとんどでした。しかしWi-Fiモデルにはナビに欠かせないGPSが内蔵されていません。それでもiPadが使いたくて高価なWi-Fi + Cellularモデルを買ったり1万円以上もするGPSレシーバを別に搭載して使用している人もいましたが、グーグルがiPadより大幅に低価格でGPS内蔵の初代NEXUS 7を発表すると形勢が傾き始めました。そしてさらにパワフルな新型モデルが昨年販売されると、ついにiPadを抜くほどの人気車載タブレットとなってしまったのです。

そこで最初の疑問。何故アップルは未だにGPSを内蔵しないのか?iPadとiPad MiniのWiFiモデルにGPSを内蔵させてCarPlayを利用できるようにすれば人気は取り戻せるのに。。

はっきりした理由はわかりませんが、アップルが自動車メーカーと提携を進めていくための戦略がここにあるのかもしれません。CarPlay対応モデルを自動車メーカーに開発してもらうには、既存のiPhoneユーザーにCarPlay対応車の購入意欲をもたせることが必須条件。つまり『iPadを買ってあなたの今の車に搭載してください』ではダメで、『あなたのiPhoneで操作できるこの車を買ってください』というメッセージでなければならない。。少なくとも今の段階は。。と勝手に推測するわけです。

今回のアップルの発表を受けて、車載システム関連のアプリもこれからさらに増えていくことでしょう。車の走行記録を元にガソリン代節約ができる走行方法をアドバイスするアプリ、エンジンの状態を監視するアプリ、エンジンをかけた時に会社や家族などにメッセージを自動送信するアプリなどは既に(1部有料ですが)あります。ドライブレコーダーと連携したり、追突の衝撃や振動を察知して救急車を呼ぶようなアプリも出てくるに間違いありません(もうあるか?)。運転時に使用するときは注意が必要ですが、車載タブレット、ほんとーに便利です(ちなみに私は8インチのASUS MeMO Pad 8です)。
12699960453_462c18a6d9_h

 
コメントする

投稿者: : 3月 13, 2014 投稿先 ITガジェット

 

大は小を兼ねる。。か?

9月4日、サムスンがGalaxy Note IIIとスマートウォッチGalaxy Gearを発表しました。アップルが初代iPadを発表した時や、HTCがアンドロイド搭載の携帯電話を世界で初めて発表した時のような衝撃はありませんでしたが、久しぶりに購買欲をそそる商品だなと感じてます。

私は初代Noteを1年半以上使っていますが、Noteは現在売られている携帯電話の中で最も実用的なスマートフォンだと思います。製品として完成度が高いのはiPhoneですが、実用的なのはNoteに軍配が上がるでしょう。その主な理由は大きなディスプレイと、手描きができるペンが端末に付属していることです(ペンに関してはまた今度)。

ディスプレイはデスクトップPCと同様に大きい方が見やすく使いやすい。5インチ以上あるとPC用のウェブサイトも比較的容易に読むことができます。また文字を書き込むのも簡単で、人になにかを見せるときも便利。大型液晶のケータイはタイでも人気が伸びています。最近はNoteやS4を使うタイ人女性をバンコクのオフィス街でよく見かけます。私は片手で文字を打つことができますが、彼女らは片手で端末を持ちながらもう片手で文字を打ち込んだり操作をしています。そしてマイク付きイヤホンを使って会話をしています。

ケータイのディスプレイはアップルを除いてどのメーカーも拡大化を進めてます。数年も経てば5インチ前後が主流になってもいる可能性も十分考えらるでしょう。あんまりアップルの否定はしたくないですが、株価がiPhone 5Sと5C発表後にドスンと下がったのはiPhone 5Cの販売価格が予想以上に高かったことに加え、ディスプレイが拡大されなかったことも要因だと思います。

さてさて、突然ですがこれです↓

IMG_2683

Sony Experia Z Ultra。 6.4インチ液晶でペンにも対応(端末に付属はしてません)。iPhone 5(4インチ)をスッポリ飲み込める私の初代Note(5.1インチ)が、このExperia Ultraのディスプレイにスッポリ飲み込まれてしまいました(笑)。これはスゴイです。サムスンにもMega6.3とかありますけど、こうして実際に並べてみると1.3インチのサイズの違いに圧倒されます。エアロスミスのジャケットにもなった小錦と舞の海です(古いかw)
229789898_2_2

『私は目があまり良くないので、大きくてくっきりしたこのディスプレイがベストなんです。さらにお客様に商品を見せるのもこれでOK。タブレットは必要ないんですよ』とオーナーのKさん。確かにそうですが、、でもここまで大きくなると片手で操作は難しいのでは?と聞いてみたら、『通話は片手でできますよ。その他は両手で操作すればいいんです』と。確かにそうですね。ケータイは片手で使うものなんて誰も決めていないし、タイ人女性もその感覚で普通に両手でサクサク使っているわけだし。。6インチ以上になっても大は小を兼ねると言えるのかもしれない。

あと数日でNote III(ディスプレイは5.7インチ)とスマートウォッチGalaxy Gearがタイで発売されるので、まずは”両手”にとってじっくり操作してみよう。。。

 
コメントする

投稿者: : 9月 22, 2013 投稿先 タイ 一般, ITガジェット

 

フェイスブック バンコクは都市別で世界一のユーザー数

全世界に9億人以上のユーザーを持つソーシャルネットワークサイト『フェイスブック』。日本人のアクティブユーザーは今年3月に1,000万人に達し、それから僅か半年後の9月に1,500万人になったことが話題となりました。凄まじいほどの増加率ではありますが、タイ人のフェイスブックユーザーは日本人より多いことを皆さんご存知でしょうか?タイ人のアクティブユーザーは1640万人で世界16位(日本は17位)。さらに都市別のユーザー数ではなんとバンコクが世界一なのです。

フェイスブックを使用する人数が世界で最も多い都市バンコク。街中で行き交う人を眺めてみると、確かにほとんどの人がiPhoneなどのスマートフォンを持ち歩いています。そしてBTS、地下鉄、バスなどの交通機関、レストラン&喫茶店はもちろんのこと、買物しながら、会話しながら、いたる所で『フェイスブック』を使っている姿が見られます。でもそれだけではありません。都市別で世界一のユーザー数なのは、外出先以外に自宅、学校、そして職場でフェイスブックをする人が大勢いるからなのです。タイ内務省ではあまりにも多くの職員が『フェイスブック』や動画投稿サイト『YouTube』を勤務時間に閲覧していたことから、これらのサイト利用を10月1日より禁止しました。しかし弊社も含めどこのオフィスでもタイ人は『フェイスブック』を頻繁に使っており、ユーザー数はますます増える傾向にあるようです。

タイでなぜこれほどまでにフェイスブックユーザーが膨れ上がっているのかと聞かれますが、私はスマートフォンの高い普及率と、自分をアピールするのが好きなタイ人の性格が主な理由と考えています。

タイの携帯電話加入者は6850万で、普及率は100%を超えています。つまり一人当たり一台以上持っている計算になります。その中でもスマートフォンの普及率は29.4%と日本の18%より2倍ほど高く、富裕層の多いバンコクでは3人に1人がスマートフォンを持っていると言われています。彼らに絶大な人気があるのが20,000バーツ以上するアップル社のiPhoneですが、その一方で3,000バーツ前後のスマートフォンも近年増えており、これにより低所得層のフェイスブックユーザーが急増しています。またタイでは通信事業者と年単位等の期間契約をする”しばり”やSIMロックがなく、簡単に新機種のスマートフォンに乗り換えられることも普及率を高めています。

ユーザーが急増しているもうひとつの理由は、自分の写真を投稿することが大好きなタイ人の性格です。本名を表示することさえ躊躇しがちな日本人と大きく異なり、携帯で自分の写真をたくさん投稿して、みんなでコメントを書き込み合うのが大変好きなようです。

タイ国内のフェイスブック利用者を年齢別に見てみると、18歳から24歳が20%と最も多く、25歳から34歳が15%、35歳から44歳が10%となっています。若者が大半を占める一方で40代以上のユーザーも少なくないのが特徴と言えます。また男女比率は男48%女52%とほぼ同じで、これは日本(男52%女48%)を含むほとんどの国が似ているようです。つまりフェイスブックは性別に関係なく幅広い年齢層で使われているのです。

これらの莫大なユーザーをターゲットに、近年は企業のフェイスブック参加が目立っています。タイでは大手企業から個人経営のレストランオーナーまで様々な業種がフェイスブックページを作成しており、プロモーションやイベント情報などを活発に配信しています。テレビや雑誌と違い、誰もが常備している携帯電話に情報配信できる点、購買力の高いスマートフォン利用者にダイレクトにプロモートができる点、ユーザーが独自で友達に情報を拡散(共有)してくれるなどの利点があるからです。またアフターサービス窓口としてフェイスブックを利用し、顧客からの様々な質問とその回答を掲載している企業もあります。

フェイスブックはこれからも進化しながら、私達の生活になくてはならないツールになっていくことでしょう。読者の中でまだフェイスブックを使ったことがない方は、www.facebook.comにアクセスして是非はじめてみてください。

注)アクティブユーザー:日、週、月など一定の期間内に最低1回サイトを利用した人数。ここでは月間のアクティブユーザー数を指しています。また全ての情報はフェイスブックの解析ウェブサイト”www.socialbakers.com”で2012年9月に掲載されたものと、日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査レポート2010年を引用しています。

 

Dropboxの容量を無料で5GB追加する方法

Dropboxは通常2GBの容量がありますが、これに5GBを無料で追加する方法を紹介します。

これはDropboxが今年2月から試験的に始めた「カメラインポート」というベータ版サービスで、ケータイやカメラで撮影した写真や動画をDropboxに自動保存するもの。HTCはMWCで新機種「HTC ONE」を買うとDropbox5GBが2年間無料で使えると発表しましたが、これを利用すると(おそらく)誰でも写真や動画を最大5GBまで(おそらく)永久に保存できます。

1)forums.dropbox.com/topic.php?id=54396にアクセスします

2)このページ下にWindowsやOS X用のダウンロードURLがあるのでクリックしてダウンロードします
スクリーンショット 2555-03-11 13.11.18

3)インストールします。既にDropboxをインストールしている場合は新しい方に置き換えます

4)Dropboxを起動して設定をみると、Enable Dropbox Camera Import(カメラインポートをDropboxで使えるようにする)という項目が追加されています(写真右)。この状態でケータイやデジタルカメラデータの保存されたSDカードを接続すると、Save Your Photos to Dropboxが表示されます(写真左)。
スクリーンショット 2555-03-11 13.26.43

Save ImportボタンをクリックするとDropboxの中にCamera Uploadsというフォルダーが作成され、そこに写真が自動的にアップロードされます。

スクリーンショット2 2555-03-11 22.29.08
スクリーンショット2 2555-03-11 22.34.06

この「Camera Uploads」フォルダーには最初から5GBの容量が与えられるのではなく、アップロードされた分の容量だけが無料追加されます。最大5GBまでですので、それ以上のファイルが保存されたSDカードを接続したりするとエラーがでます(でましたw)。iCloudでは不可能な動画もアップできるので非常に便利。しかし現時点ではベータ版サービスなので突然中止なんてもあるかもしれません。

もっと便利な使いかたもある!

Dropboxにhttp://wappwolf.com/というサイトのオートメーション機能を使うと、Dropboxにファイルをドラッグするだけで以下のようなことができてしまいます。

書類をPDFに変更する

PDFをTXTに変更

書類をGoogle Docsにアップロードする

写真をFacebook、Flickr、Picasa / Google +にアップする

写真サイズを変更する

ファイルをメール送信する

ファイルを圧縮させる

ファイルをMicrosoft SkydriveやEvernoteにアップする

などなど。。

スゴイでしょ!でもこれだけではないのです。この機能のさらに素晴らしいところは、これらのコマンドを組み合わせることも可能なこと。

例えばDropbox内に「Flickr」というフォルダーを作成し、そのフォルダーに「画像を1600 x 1106 pixelにサイズ変更」「Flickrにアップする」という2つのオートメーションを組み合わせて設定すると、画像をそこにドラッグするだけでサイズが自動変更されFlickrにアップされます(でも実際に20枚の4752 x 3168 pixelの画像を入れてみたら17枚だけ完了し残り3枚は縮小されただけでアップはされませんでしたw)。

仕事柄、デザイナーさん、印刷屋さん、クライアントさんとはDropboxの共有ファイルでデータ交換していますが、これらのサービスでさらにDropboxの利用価値がグンと増えました。みなさんも是非試してみてください。

5GBでは足りない?では50GBでどうだ!

無料のクラウドサービスはDropbox以外にもたくさんあります。有名なのはBox(無料5GB)とSugerSync(同じく無料5GB)の2つ。その気になればいろいろなサービスにサインインして合計100GBぐらいのクラウド容量を無料で持てると思いますが、管理が非常に面倒になり実用的であるかはわかりません。いやいや、BOXもSugerSyncも登録するだけで50GBの無料キャンペーンをたまにしていることを発見しました。

ちなみに現在はBOXがアンドロイドユーザー向けに50GBキャンペーンを実施中(3月23日まで)。私はDropboxしか使っていないので知りませんでした。早速サインイン!
box-50GB
おぉ、50GBと表示されてます。これだけあれば、かなりのファイルが保存できますね。

それから最後に有料にするという手ももちろんあります。上に挙げたDropboxを含むクラウドサービスは大容量の有料版があります。私はFlickrの有料版を4年前から使っていますが、画像や動画が無制限でアップできて、保存したデータの管理/検索システムが無料版と比べものにならないほど優れています。iPhoneユーザーはiCloudの有料版サービスとよく比べてからこれらのクラウドサービスを選んだ方が良いかもしれません(私はケータイだけアンドロイドなのでよくわかりませんが。。)。

 
コメントする

投稿者: : 3月 14, 2012 投稿先 ITガジェット

 

Xperia™ NXT Series

Xperia S

 

Xperia P

 

Xperia U

 

タイも日本と同様にスマホの普及率は目を見張るものがあり、その中でもiPhoneが最も人気があります。iPhoneに続くのがサムスンのギャラクシーシリーズ。なぜかタイで大人気だったブラックベリーは最近販売を落としているようです。大きくて見やすいタッチスクリーンが主流になっているのですね。

そこに立ち向かうこのXperia NXTシリーズ。ヒジョーに美しいです。もうこれだけで買っても良いぐらいw。ボディーデザインは昨年のXperia Arcの方が勝っていると思いますが、使いやすさは新モデルの方が良さそう。ソニータイランドのスタッフに聞いたところ、Xperia Sは早ければ今月末にもタイで発売されるかもしれないとのことでした。値段は2万バーツ以上。うーん、これって実はまだなにもわかっていないってことだなw。

タイでこれは売れるでしょうか?ウォークマンやVaioを使っていた年齢層からはそれなりの反響があるでしょうが、若い世代はムズカシイでしょうね。彼らにとって大事なのはブランドで性能とかは2の次ですから。。

タイのソニーはケータイに限らず、PCやカメラ部門などでもブランド力を完全に失ってしまいました。その理由は長くなるので置いといて、近年のソニープロダクトに必要なのは”単なる”技術でなく、買った後にワクワクさせる”技術”だと思います。大成功しているアップルの商品は、買った後に新しい発見や驚きがたくさん起こるのです(そしてそれらのニュースをユーザーに半年前から教えてくれる。ソニーは先にことについて何一つコメントできない)。それからソニーはもう新機種を多く出す戦略を止めるべきでしょう。それはサムスンやHTCに任せておけば良いw。買って半年経たないうちに取り残された気にさせるのではなく、買って1年経ってもアリーナ席に座らせてくれるブランドになってほしいです。

今回の新製品もS、P、Uなどシリーズを作らずに老若男女全てのニーズに答える1台で勝負してほしかったですね。PだけアルミボディでWhiteMagic搭載ってオカシイでしょう。Sに搭載しなかった理由をSユーザーにきちんと説明できるのでしょうか?それで半年後にSでアルミ+ホワイトなんて出したらPユーザーからも反感買うぞw。あとヒカリモノでごまかさない(好きだけど)、15年も昔のゲームをそのままの形で出さない(それも有料とは信じられん)、有線を可能な限り無線に、みんなでシェアできてワクワクできるライフスタイルをもっと提案してほしい、対応言語を増やす、UIを可能な限りシンプルに、など書き出したらキリがない。。

好き勝手なこと書いてますが、これもウォークマン時代のソニーが大好きだったから、と付け加えておきます。

Xperia

 
コメントする

投稿者: : 3月 10, 2012 投稿先 ITガジェット

 

i’m Watch。スマートフォンの次は時計だ

スムーズにスクロールする場面で思わず「ほう」と声が出てしまいました。

正にスマートフォンの時計バージョンですね、これ。

高さ:52,60 mm
幅:40 mm
厚さ:10 mm
重量:70 g
OS: Android 1.6(改良版)
CPU: IMX233 ARM9 464MHz
液晶パネル:1.54インチ (対角) カラーTFTディスプレイ(240×240ピクセル/解像度220ppi)
メモリ: Flash Drive:4GB、RAM:68/128MB
ワイヤレス通信方式:Bluetooth 2.1 + EDR
充電式リチウムポリマー450mA バッテリー内蔵

i’m Watchというネーミングも面白い。”アップルが「iWatch」を出す前に使えってしまえぃ”という意気込みが感じられるw。

こんな動画もありますが。。

スマートウォッチは将来広まると思います。ですがスクリーンはもっと大きく、そして横長になるのではないでしょうか?ボディーは腕にフィットする丸みを帯びていて、スクリーン部分は着脱式でそのまま持ってケータイとしても使用が可能。バンドにサブバッテリーがあって装着すると自然に充電される。または脈拍や体温などを測れるバンドでスクリーンに自分の健康状態を表示するなど。。(妄想爆走中)

しかしソニーもこの会社も、なぜスクリーンを腕の内側にしないのか。テキストや動画などある程度時間をかけて見るコンテンツが多くなるわけだから、腕の内側で見た方が断然楽なんだが。。

 
コメントする

投稿者: : 3月 3, 2012 投稿先 ITガジェット